看護師さん必見!勉強のコツ教えます

目指せ!看護のスペシャリスト!

看護師のキャリアアップの方法を知ろう

キャリアアップの方法を知ろう

キャリアアップの方法を知ろう
LINEで送る
Pocket

キャリアアップをする方法

キャリアアップをする方法

看護師がキャリアップする方法として転職があります。その中で3つのパターンに分けることが出来ます。1つ目はキャリアアップのために転職をする。2つ目はキャリアアップしてから転職をする。3つ目は資格を活かして別の職種に転職をする。この3つのパターンをそれぞれご紹介します。また、転職の際に活用したい転職支援サービスもあわせてご紹介します。

キャリアアップのために転職をする

キャリアアップのために転職をする

転職の理由として、現在の職場環境ではキャリアアップが難しいという理由が多くあります。まず、転職する場合に大事なのが、転職をしてキャリアアップが出来るかをしっかり確認することです。例えば専門看護師になりたい場合、配属希望が叶わなければ資格取得要件を満たすことが出来ませんし、必要な知識、技術を身につけることも出来ません。認定看護師、専門看護師を目指すのであれば自分が希望する看護経験が積める部署に配属される必要があります。資格取得要件を満たす部署に配属されるかどうかが重要なのです。
また、資格取得支援制度があるかも大切です。資格取得支援制度があると、出張扱いで研修を受けられるので、基本給を支給してもらえることが出来たり、病院側が研修にかかる費用を負担してくれたりするので、経済的な負担を大幅に軽減することが出来ます。しかし、すべての病院がその制度を使えるとは限りませんので安易に転職することはやめましょう。自分以外にもその制度を使いたい人がいた場合は後回しになることもありますから、その制度を使うためにはどのくらいの勤務年数が必要かなど、細かく確認する必要があります。入職後すぐに研修を受けられるのか、また、研修中の扱いはどのようになるのかを事前にしっかりと確認して下さい。

看護のお仕事は、そのような要望をもとに専任のコンサルタントが転職候補先を一緒に探してくれるので、より希望に近い転職を叶えることができる転職エージェントです。
看護のお仕事Webサイト

キャリアアップしてから転職をする

キャリアアップしてから転職をする

せっかく資格を取得してキャリアアップしたのに、在職中の職場に評価してもらうことができなかったというケースも多くあります。キャリアアップしてから転職をしたい場合は次のことを確認する必要があります。きちんと評価してもらえるのか?給料はどのくらい上がるのか?キャリアアップしたことを活かせる部署に配属されるか?といった点です。とくに仕事内容に関しては、その分野の部署に配属されたとしても症例が異なる患者さんの受け入れが多かったり、自分が取得した資格の分野を積極的に行わない病院だった場合、せっかく取得した資格も意味がありませんから、この条件はなにより大切ですね。

医療21は看護師向けの転職サイトです。条件を入力すればすぐに希望の求人情報を探すことが出来ますし、「webで病院見学」という特集ページでは、特集された病院の詳細な情報を確認出来ます。
医療21Webサイト

別の資格を取得して転職をする

別の資格を取得して転職をする

この転職先の例をあげると、看護師として働いていて保健師の資格も持っている場合は、保健師として転職すればキャリアアップになりますね。養護教論も同じことが言えます。看護師資格を取得していれば、養成学校に1年間通えば保健師、養護教論、助産師の免許を取得することが出来ます。臨床工学技士の資格も1年間学校に通い国家試験に合格すれば取得出来ます。看護師の資格を活かして、別の資格を取得してキャリアアップすることが可能なのです。

看護師の勉強のコツとは?

看護師は大変な仕事です。日々の勉強が必要な仕事ですし、たくさん悩みがあるかと思います。そんな時に当サイトが助けになればと思います。何かありましたらこちらまでお問い合わせください。